エクラシャルム 効果

エクラシャルムのニキビ跡に効果ありな成分とは?

エクラシャルム効果

 

実際に、エクラシャルムはニキビ跡にどれだけの効果があるのでしょうか?

 

ここでは、エクラシャルのニキビ跡に大きな効果を発揮する成分について見ていきたいと思います。

 

ニキビを撃退するグリチルリチン酸ジカリウム

 

エクラシャルム効果

 

エクラシャルムの主成分となっているのはグリチルリチン酸ジカリウム。

 

これはマメ科の甘草(カンゾウ)から抽出したグリチルリチンの誘導体です。

 

砂糖の約200〜400倍に匹敵するといわれるほど強い甘みを持つ甘草は、生薬の王の異名をもつ人体に有用な成分。

 

美白、しわ予防、ニキビ予防のための化粧品には多く用いられています。

 

グリチルリチンとは、この甘草の甘みをつくっている成分です。

 

そしてグリチルリチン誘導体、すなわちグリチルリチン酸ジカリウムとは、このグリチルリチンを水に溶けやすくしたもの。

 

すぐれた抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つといわれ、皮膚の専門機関でも使用されている、敏感肌にも安心な成分なのです。

 

医薬部外品原料規格、日本薬局方外原料規格にも収載された確かな成分として、数々の医薬品や化粧品に使用されています。

 

ニキビの炎症を抑える、オイリートラブルをケアする、新しくできるニキビを予防する、といったトリプル効果で、いま出来ているニキビ、残ってしまったニキビ跡、これから出来る可能性のあるニキビに徹底的に働きかけます。

 

90%以上も配合された植物由来の天然成分

 

エクラシャルム効果

 

エクラシャルムにはなんと9つもの植物由来成分が含まれています。これらはお肌の角質層まで浸透することにより、内側からお肌を美しくする働きをもっています。

 

@ カンゾウ(甘草)フラボノイド

 

グリチルリチン酸ジカリウムと同様、カンゾウ(甘草)から抽出されるエキスです。

 

肌荒れを防ぐ効果があります。

 

A ニンジンエキス

 

オタネニンジン(朝鮮人参あるいは高麗人参)から抽出されるエキスです。

 

酸化した肌から酸素を奪って状態のよい肌に戻す還元作用と、エイジングケア効果が期待できます。

 

B トウキエキス

 

セリ科の多年草である当帰の根を高音の水で抽出したエキス。整肌、保湿効果があります。

 

C エイジツエキス

 

イノバラ(バラ科)やその近縁の植物の果実から抽出されるエキスです。

 

収れん作用や皮膚を保護する作用があります。

 

D ワレモコウエキス

 

ワレモコウ(バラ科)の根や根茎から抽出されるエキスです。

 

低刺激性で、整肌、清浄作用、抗菌作用、消炎作用、収斂作用等があります。

 

E クワエキス

 

マグワ(真桑)の根皮からアルコールやBGなどで抽出されるエキスです。

 

抗酸化作用と保湿効果に優れています。

 

F シャクヤクエキス

 

シャクヤク(ボタン科)の根から抽出されるエキスです。

 

皮膚の炎症の抑制、収斂作用、美白効果があります。

 

G アロエエキス

 

キダチアロエやアロエベラ(ユリ科)の乾燥葉から抽出されるエキスです。

 

消炎、保湿、収れん作用があり、お肌のリズムを整えます。

 

H クララエキス

 

クララ(マメ科)の根から抽出されるエキスです。

 

抗菌、収れん作用があります。

 

エクラシャルムのニキビ跡に効果ありな成分についてのまとめ

 

エクラシャルム効果

 

いかがでしたでしょうか?エクラシャルムには敏感肌の方にも安心のお肌に優しく、しかもニキビ跡の改善に有効な成分が多く含まれています。

 

ニキビ跡に悩んでいる方は、是非エクラシャルムを一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

 

>>エクラシャルム(EclatCharme)の詳細はこちら